FC2ブログ
煩悩の国の人間万歳
広大なネットの海の片隅で、俳優・松山ケンイチさんをひっそりと応援するブログです。

プロフィール

とわ

Author:とわ
デスノ前編で松山さんに
出会って以来、
趣味:松山ケンイチさんです。
近頃好き過ぎてかなりイタイことになってきてます。
原作Lと同い年。



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



『みるめ、角川文庫、見納め。』

『人セク』の前売ケンがまだ残っていたので、シネセゾン渋谷へ行って来ました。
ハチ公口に出るべきところを、わざわざJR南口から出たのは言うまでもありませんね。←

ここのところLばかりで、みるめは、貸切上映会以来でしたが、
やっぱり、みるめ可愛いな。

ロビーに展示してある、みるめのスニーカーやら、ハート型ライターも
今日ようやく見て来ました。


      Image184~11


      Image185~10



せっかくなので、将校さんも見納めようかと思いましたが、
残念ながら、時間が無くて泣く泣く諦めました・・・。


そして、帰りに池袋にて発ケン。角川文庫。↓

      Image184~12


おそらく、あと数時間後にはひっぺがされるであろうケンイチさん。
そりゃもう、攫って来られるものなら、攫いたかったですとも!!!!!!
それにしても、毎日通るはずの妹がまるで気が付かなかったのが納得な場所でした。
デジカメ不所持が悔やまれる・・・。



スポンサーサイト




『人のセックスを笑うな』 貸切上映会:シネセゾン渋谷

                      Image184~05


3/1、行ってまいりました!!
まずは、主催者様に、こんな楽しいイベントを企画・運営して下さったことに大感謝です!!
ありがとうございました。
そして大成功、おめでとうございます☆
おかげで、とっても楽しい時間を過ごせました。
それからあの場で、素晴らしい時間を共有できた皆様にも大感謝!!

シネセゾンに着いて、1Fのエレベーターホールに写真の張り紙を発見して
超テンション上がりました。


まずは本編上映前に、メイキング『人の訛りを笑うな』が上映されました。
私、これ初めて見たんですが、ここからもう、ニヤニヤしっぱなしでした。


上映中は、ところどころ、松ケンファンならば反応せずにはいられないシーンで
クスクス笑いがおこったりして、おもしろかったです。
途中ふと我に返り、「この映画館内、みんな松ケンファンなんだよなあ」と思ったら、
なんかもうそれだけで楽しくなっちゃって、大変でした。

(★以下、映画の内容に触れますのでご注意下さい。)

例のみるめが階段下りてくるシーンで、場内の空気が一斉にアレな感じになったりとか、
カレー嫌いってシーンでみんなウヒャヒャ、ってなったりしてました。
あと、堂本にチューされてえんちゃんが照れちゃうシーンで、えんちゃんが可愛くて、
笑いがおこってたのも印象的でした。
ああ~、なんか女子目線!!!って思いました。


とにかく、楽しかったです。
映画を存分に満喫出来ました。
松ケンファンでの貸切なんてことを実行されるなんて、本当にすごい!!
色んな人が繋がって、こうしてスゴイ企画が実行されるのを目の当たりにして、
ちょっと、Lの「一人では世界を変えられない」けどみんなでなら・・・、ってのを思い出して、
上映後、ウルっときました。

主催者様方は、実現までに、相当なご苦労があったことと思います。
みんなの為にご尽力下さって、本当にお疲れ様でした。
そして、本当にありがとうございました!!!






★『人のセックスを笑うな』 貸切上映会のお知らせ★

emさんのところで、素晴らしい企画が進行中です!!!


『 松山ケンイチファンによる
  松山ケンイチファンの為の
  松山ケンイチ初☆恋愛映画『人のセックスを笑うな』貸切上映会

  日程  2008年3月1日(土)
  時間  21:15上映開始(予告編なし)23:33上映終了予定
  場所  シネセゾン渋谷
  料金  1500円予定(参加人数により変更あり、その際はご連絡致します)
  人数  予定人数になり次第募集締め切ります  』


映画館内、全員松ケンファンって、すごい~♪♪♪


参加ご希望の方は、申し込みが必要ですので、こちら↓で詳細をご確認くださいませ。
Long Love Letter 『人のセックスを笑うな』貸切上映会のお知らせ
★2/29追記:こちらの受付は終了致しましたので、リンクは外させて頂きました。★



『人のセックスを笑うな』 初日舞台挨拶。

なんだか今更ってくらい時間経っちゃいました。
もうあちこちで情報も出ているし、舞い上がってほとんど内容を記憶していないので(オイ)
レポと呼べるようなものは書けませんが、印象に残ったことを少々書いておこうと思います。
★ネタバレなしです。

まずは午前の回で席着こうとしたらすぐ横にまゆさんが居てびっくり。
惑星直列並みに松友さん達が同じ列に座っていて面白かったです。

松ケンの発言に関しては、まず午前の回で、yahooレビューを読んでる事が判明。
自分もそのうち書いてみよう、と思いました。
あと、誰のなんて発言に対してか忘れたけれど、松ケンの「アハハ」という笑い声を
肉声で聞けた瞬間、うわああああ!!!!!!と感動しました。〓■●

午後の回では、「永作さん、松山さん、蒼井さん、忍成さんの4人で居た時は
お話されたりしたんですか?」という問いに、松ケン、
「4人で居ても自分は永作さんとしか話をしていなかった」という発言に大きく何度もうなずく
蒼井さんが可愛くて可愛くて!!!!


映画については、各種予告の映像から色々想像して、
映画館から生きて帰れるだろうか・・・?と心配してましたが、杞憂でした。
この映画、かなり好き。漂う空気の感じがとっても心地いいし、
出てくる人たちもみんなどこかしら愛おしくて。でも切ない。
見る度、シーンごとに感情移入する人物が変わったりもしました。
あと、数箇所、一瞬みるめがLに見えた・・・。〓■ ●


松友さんとお茶した後、友達から飲んでるから来い、とお呼びがかかったので、
早速、その場で映画の宣伝して来ました。
この映画、特に松ケンファンでない人達も、面白そう、という人が結構居ましたので、
もう一押ししておこうと思います。