FC2ブログ
煩悩の国の人間万歳
広大なネットの海の片隅で、俳優・松山ケンイチさんをひっそりと応援するブログです。

プロフィール

とわ

Author:とわ
デスノ前編で松山さんに
出会って以来、
趣味:松山ケンイチさんです。
近頃好き過ぎてかなりイタイことになってきてます。
原作Lと同い年。



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『テラ松山。(とても松山という意味です。←)』


明日休みだしな~と、ルンルンで昨夜立てた、今日の予定。
昼過ぎに、マーク・ライデン展を見に行き、帰りに新宿で本屋巡り。
マーク・ライデン、いつの間に、日本に来てサイン会なんてしてたんだろう・・・。
っていうか、日本に来ることがあるなんて、考えもしなかった・・・。敗北。ぐやじぃ・・・。


で、本日の起床。
午後4時・・・。orz イチ日がオワタ・・・。
わいのバーカバーカ。゚+(。゚´д`)゚+゚。

結果、地元の本屋巡りで終わりました。

本日の収獲↓

Image256.jpg

太宰が2冊あるのは、アレです。

それにしても、寺松山ポスターが欲しすぎるんですが・・・。
ツボ過ぎる〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

とりあえず、HPのTOP眺めてハアハアしてます。
http://www.kadokawa.co.jp/dis/terayama/top.php



【追記】 ういろうさん用←

マーク・ライデン

MaR-Pa-08-03.jpg    MaR-Pa-08-06.jpg   MR.jpg


スポンサーサイト

『横綱バスはヒルズ行き。』


渋谷に角川文庫(横綱ケンさん)の
ラッピングバスが走っていると聞いてから、
散々渋谷行ってるのに、全くお目にかかったことがなく、
もはや都市伝説かと思ってましたが←
最近、eさんが目撃したとの情報から、
これは張り込みしなくては!!と、
デジカメ持って、バス探しに行ってきました。

張り込み始めて5分もせずに、
目当てのバスはロータリーに入場。

Image238.jpg

本当に存在していた~~~〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
渋谷→六本木ヒルズの直行バスでした。

デジカメ持ってましたが、興奮しすぎて
手ブレしてる画像ばっかりだったのが残念過ぎました。
携帯で写メったのが、比較的まともだったという・・・。
。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。
写真が上手なeさんまでが同じ状態で、
2人とも、どんだけ・・・。
。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。

テンション上がりすぎてて、時間の感覚が
かなりあてになりませんが、
10分くらいは降車用の停留所に停車してて、
写真撮り易かったです。

で、せっかくだし!(?)と、ヒルズに何の用も無いのに、
横綱バスに乗っちゃいました←
乗っちゃうと、ケンさんは見えないというのに。
でも、ビルのガラスに映り込んだケンさんに
きゃーきゃー言ったりして、それなりに満喫。
ちょうどいいことに、このバス循環していたので、
そのまま乗って渋谷に帰り、渋谷のマエダで
予定外だけど楽しい買い物して、帰宅。

毎朝あれに乗って通勤とか出来たら楽しいのにな。


東京国際ブックフェアにて、『発見。松山文庫』

怒涛の松ケンまつり・追憶編をうっちゃって、東京国際ブックフェアの報告を。

13日に行ってきました。
何の根拠もなく入場無料と思っていたので、入場料1200円と知り、
正直、決心が揺らぎました。
ブックカバーに「松山ケンイチさんは入っていません」って注意書きが
あったくらいなので、今回の手提げ袋にも、
ケンさんはいらっしゃらないんだとばかり思っていましたし。


それでも、まあせっかくの機会だし、とビッグサイトへ。
行きのゆりかもめからケンさんに会えるかと思いきや、
松ケンの姿はなく、少々がっかり。
角川ケンではなく、ハ○ワンと共に国際展示場前へ。

ビッグサイト前でemさんと待ち合わせ。
入場すると、脇目もふらずに角川ブースへ突進。
角川というか、松ケンブースの出現。

Image210.jpg

Image208.jpg



角川のHPに「手提げ袋差し上げます」とあったので、
てっきり無料配布と思っていたのに、配布しているものといえば、
ケンさんと全く関係のないうちわで、手提げ袋は見当たらず。
まさか初日で配布終了しちまったんでは・・・。さよならわいの1200円、と思いつつ、
店員さんに聞いてみたところ、本を購入すると、手提げ袋へ入れてくれるとのこと。
さっそく購入。
先にレジを済ませたemさんが興奮しつつ、紙袋の裏見て!!!というので
見てみたらば。







ケンさんいたーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!+。:.゚ヽ(*´∀`)ノ゚.:。+

Image207.jpg


この時点で既に1200円は取り返した気満々の2人。
というか、インフォメーションの手提げ袋画像は、間違っている!!
あの画像が松ケン側のだったら、絶対もっと人呼べたはず!!!!
と、ついつい熱くなる2人。
もしくは注意書きに「松山ケンイチさんは入ってます」と書くべきだ。


2人とも本好きなのもあってか、会場をぐるっと見て回るのも
思ってたより楽しかったです。
そのわりに、ワニブックスのブースにて、+actのバックナンバーを購入した以外は
ずっと角川ブースに通ってような・・・。
50%OFFとかになっている書籍には目もくれず、
ケンさん関連の買い物しかしてないという、驚愕の事実・・・。


昼過ぎに一旦会場を出て休憩し、その後は角川ケンのゆりかもめに乗るべく、ホームへ。
20分ほど待った頃、入ってきた車両の窓に黒と緑を確認。
(最近動体視力が鍛えられてきた気がするのは気のせいだろうか・・・。)
先頭車両から最後尾車両まで、どこを見回しても角川文庫な松ケン。

Image207~03


乗った瞬間、一瞬で振り切れる2人。
人気がないのをいいことに、笑いっぱなしで、デジカメを振りかざす、
いい大人が2人←
結局1時間くらい乗り続けてました・・・。

ちなみに、我々が遭遇したのは、車体に「12」と印字された車両でした。



ブックフェアが18時までだったので、
終わる直前に再び入場し、松ケンブースを堪能して、
最後の締めくくりに、Lのボラードへ行って来ました。

Image207~07


前回は9番のボラード前に船が泊まってて、ちょっと残念でしたが、
今回は視界を遮るものがなく、時間帯も丁度よくて、
「去年の今頃(ちょっと早いけど)、ここにLが!!!」
と思うと、冷静ではいられませんでした。
ここでも何かが振り切れた2人。
さっそくLのセリフを吐いて、ごっこ遊びに暴走する私←
それに付いて来てくれるemさん。

釣り人はさぞや迷惑だったと思います。フハハハ・・・。


帰りにホームでゆりかもめを待っていると、入ってきた車両の車体に12番の文字。

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+



MK摂取しすぎて、クタクタでしたが、いい一日でした。




『栞捜索の道はイチ日してならず・・・。』

栞、全くみかけません。
帯は発見するのですが、栞は皆無。
この2日間、都心の大型書店を巡ってみましたが、97%の確率で、オレンジのカバです。
なんかもう、新手の都市伝説じゃなかろうかと思い始めてきた←
栞はついてないけど、帯は欲しいもんだから、これで栞付を後々発見すると悲しいな、
と思いつつ、つい2冊ほど購入。
これが、フライングにならないことを祈るばかりだ・・・。
これから、同じ本にばっかり続々と栞が付き始めたら大ピンチだな。
ちょっと、様子をみようかな・・・。と、既にへっぴり腰気味。

角川さん、もっと、惜しげもなく、大量投下しておくんなまし。(書店の問題なのか?)
購買意欲が空回り・・・。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。