FC2ブログ
煩悩の国の人間万歳
広大なネットの海の片隅で、俳優・松山ケンイチさんをひっそりと応援するブログです。

プロフィール

とわ

Author:とわ
デスノ前編で松山さんに
出会って以来、
趣味:松山ケンイチさんです。
近頃好き過ぎてかなりイタイことになってきてます。
原作Lと同い年。



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



『L change the WorLd』 の感想。

『L change the WorLd』 が、興行成績3週連続1位だそうで!!!
嬉しい~~!!!
今週末に『ライラの冒険』が公開されたらどうなるか・・・、と心配しつつ、
「Lは息長いよ・・・」と思う。
だってみんな、まだまだ前売ケン持ってるに違いないもの!!!!!
そんな私もまだまだ持ってる。←
ここのところ、日曜日は映画館でLを見るのが習慣です。幸せすぎる。


そろそろ、Lの感想などを書こうかと思います。映画まだ観てない方はすっ飛ばして下さい。

ちょっと長いので、続きに隠しておきます。



[続きを読む]
スポンサーサイト

『今更ながらにローソンのアレを見た』

本当今更なネタですが、DVDずっと放置してました・・・。

tmcさんやemさんに、早くみた方がいいって!!と言われてたので、
日曜日、寝る前にDVDセットしてほくほく見始めましたが・・・。

ッなんじゃこりゃ~~~!!!!!!!!

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

すんごいかっこいい~!!すんごい可愛い~!!何この生き物~!!
Lーーー!!Lーーー!!

と、大崩壊でした。

とんだ最終兵器!!!!!
ニナミカさん、女子が全員失神するような、とおっしゃってましたが、
ワタクシ、うっかりポックリ逝くとこでした。
ずっと枕抱きしめたまま、顔笑いっぱなし・・・。


とにかく、花やしきへ行かなければ!!
何番目のスワンに乗ればいいかまでチェックしてしまったよ・・・。



★『人のセックスを笑うな』 貸切上映会のお知らせ★

emさんのところで、素晴らしい企画が進行中です!!!


『 松山ケンイチファンによる
  松山ケンイチファンの為の
  松山ケンイチ初☆恋愛映画『人のセックスを笑うな』貸切上映会

  日程  2008年3月1日(土)
  時間  21:15上映開始(予告編なし)23:33上映終了予定
  場所  シネセゾン渋谷
  料金  1500円予定(参加人数により変更あり、その際はご連絡致します)
  人数  予定人数になり次第募集締め切ります  』


映画館内、全員松ケンファンって、すごい~♪♪♪


参加ご希望の方は、申し込みが必要ですので、こちら↓で詳細をご確認くださいませ。
Long Love Letter 『人のセックスを笑うな』貸切上映会のお知らせ
★2/29追記:こちらの受付は終了致しましたので、リンクは外させて頂きました。★



『一週一L』 実践中。

                     Image02171.jpg


2/17に、映画未見のすぐ下の妹と、丸の内プラゼールへ行ってきました。
ちょうど、『L Wardrobe of change the WorLd』なる、衣装の展示をやっていたので、
有楽町まで足を延ばしてみました。
(こんな名称で開催中ってのは、今調べてみて初めて知った・・・。)

初日が丸の内ピカデリーだったので、プラゼールへは今回初めて。
エレベーターを降りてすぐに、Lの衣装やら、真希ちゃんの衣装が展示してあり、
平静を装うのに必死な大人が一名・・・。
ひと通り眺めて、写メは映画終了後にしよう、と作戦を立てつつ(?)、
とりあえずグッズをチェック。
さんざん悩んで結局プレミア時も初日にも購入しなかったひょっとこが気になったのですが、
ここでは売り切れてました。
すごい。公開1週間しか経ってないのに。ひょっとこ大人気!!!
相当数のひょっとこが、一般家庭に存在するのかと思ったら、
なんか面白くなっちゃいました。

今回で8回目の鑑賞になりますが、全然楽しく観れてます。
気が付けば、デスノ後編を観に行った回数を軽く上回ってた。
監督日記にあった、一週一Lを実践中・・・。いいペースだな。
もう、映画館へ行けばいつでもLに会える幸福に涙が出る・・・。

そして、8回目のくせに、いつまで経ってもFがBOYに伝える、
ワイミーズの連絡先は全く覚えられない・・・。
Lが投げつける物体も、何回みても判別不可能だ!!!

初見だった妹は、やっぱり「おもしろかった!」って言ってました。
嬉しい。
映画終了後、展示物の前は、かなりの人でごった返してましたが、
他のお客さんが引けるまで待った後、一人撮影会開始。

画像は続きからどうぞ。




[続きを読む]

『the proLogue to DEATH NOTE 螺旋の罠』で遊んでみる。

これ、最初に名前を入力してからプレイするんですが、
思いっきり本名で登録し、Lに呼びかけられる度にニヤニヤする、という、
本来の楽しみ方からかなり逸脱した楽しみ方をしています。

そして、滅多にというか、日頃まったくゲームをしない為、
手古摺って進まない・・・。
仕方ないので(?)攻略本を購入してみました。
専ら、Lとおしゃべりしたり、Lにお菓子を与えたりして喜んでます。アイタタ

このゲームすげえ!と思ったのは、ゲームの本筋では苗字で呼びかけられるのに、
Lコミュニケーターでは名前で呼ばれるんですが・・・。〓■●
(気のせいではないと思う・・・。)

KONAMIは全てお見通しってわけかい。


『L change the WorLd』 を家族と観る。

2/10、前日の興奮も冷めやらぬまま、昼過ぎに起き出した私は、
まず、松田スピンオフを見て泣く。
(佐波さんのセリフとか・・・。。゚+(。゚´д`)゚+゚。)
HDDの編集などをして、その日の夜は家族と近所の映画館へ。
公開2日目にして、通算7回目の鑑賞って、おかしくね?と妹につっこまれました。
前売ケン、○枚(アホ過ぎる枚数の為、もはや伏字)もあるのに、
映画館で出すときにとっても惜しかった・・・。

客入りは、まあそこそこ。
家族連れやら、若い男性のグループやら、客層も広かったです。
Lが背筋を伸ばすシーンとかで笑いが起こってました。
エンドロールの途中で席を立つ人がほとんどいなかったのが印象的でした。

家族の評判も上々。
(★以下、微妙に内容に触れますので、映画未見の方はスルーして下さい。ごめんなさい。)



『DEATH NOTE 前・後編』にあまり関心を示さなかった一番下の妹が、
おもしろかった!!と喜んでたのが嬉しかったです。
おごった甲斐もあったってもんだ。
「お姉ちゃんがL!L!って言うのがわかったよ。(←)Lかっこよかった!!」
って言われた時には、「勝った・・・!!!」とほくそ笑みました。
(ほくそ笑んでる場合じゃない。)
みんな原作読んでるんですが、最後の例の名前。
全員一致で、
「あれはよかった。原作と繋がって、ああ~~~!!!やられた!!!って思った。」
と、絶賛でした。
あとBOY可愛い!!って盛り上がった。
妹が一言。
「お姉ちゃん、泣いてたね。」
うん。昨日4回も観たのに、まだ泣けた。〓■●



『L change the WorLd』 2/9初日舞台挨拶・新宿バルト9と祭りの後の宴編

さて、池袋駅でともさんと別れてから、K♪さんと合流する為、
一旦は新宿へ向かうのですが、その間、池袋のケンがあったので、
どこかでデジカメを購入すべきかを、tmcさんと真剣に検討。
渋谷駅のLポスターの群れを思い出し、急遽、K♪さんとの待ち合わせ場所を
渋谷駅構内に変更。
渋谷に到着したものの、先日訪れた際Lがいた壁に、見慣れぬポスター・・・。
嫌な予感。
案の定、Lが群れていた辺りは、一面、別ポスターの群れに変わり果てておりました。
せっかくK♪さんに渋谷来てもらったのに!!と残念でしたが、
ついにK♪さんと、緊張の初対面ーーー!!!
おおお!!!ブログの雰囲気そのままに、知性的で綺麗なステキ女子!!!
その後、同じ年と分かって、ますます一方的に親近感を募らせる私。(←
新宿に到着し、腹ごしらえ。この日、ようやくゆっくりご飯できました。
追っかけてるこっちがこんな大変なんだから、松ケンはさぞかし
大忙しな一日だったんだろうな、と思いました。それも風邪気味だったのに。
ああ、松ケン、本当にありがとう!!!。゚+(。゚´д`)゚+゚。

ちょっとのんびりし過ぎて、気が付いたらギリギリな時間。
劇場で待ち合わせしていたまゆさんをハラハラさせてしまい、
本当申し訳なかったです。
挨拶もそこそこに、劇場へ飛び込む4人。

舞台挨拶について、私が記憶しているのは、松ケンがタイでオーダーメイドで
服を作った、ということぐらいで・・・。
あと、席が舞台を見下ろすくらいに角度あったので、
本日初めて、松ケンの足元が見れました。
茶色い靴!!!と感動する。
最後の舞台挨拶だから、はっちゃけるかしら?と思ったのに割とあっさり。
翌日、サプライズで、このバルト9のあとに新宿ジョイシネマへ行ってたことが判明。
それでちょっと急いでたんだな、と得心がいきましたよ。
あと、新宿は撮影禁止と言われ、デジカメ買わなくてよかった・・・、と安堵。
一日に同じ映画を4回観るという経験は初めてでしたが、
何回みても泣けました。

映画終了後、ふうさんとクロくまさんと劇場1Fで、合流。
emさんとお友達もいらっしゃって、ちょっとした顔あわせが始まりました。
emさんとお友達とは、残念ながらここでお別れ。
その後、その日の宿がないとのふうさんとK♪さんの話を聞き、tmcさんが動き出す。
どこかへ電話したと思ったら、
「渋谷のみるめカフェが4時までやってるって。どうする?」
カフェに確認されてた!!!tmcさんステキ!!!
風邪っぴきな私を心配し、tmcさんが「どうする?」と聞いて下さいましたが
「行く!!!」と即答。そりゃ行きますとも!!!

残念ながら、翌朝ご用があるとの事で、まゆさんとは新宿駅でお別れし、
混雑する山手線で渋谷を目指しました。

渋谷到着後、渋谷駅構内のポスターはいなくなったけど、
バスタブLはどうだろう・・・、ということになり、遠くから見ても
いまイチよく分からなかった為、ちゃんと確認しにいってみたらば!!!
Lはまだおりました。〓■●
うわ~ん!!よかった!!!
そして始まる撮影会。楽しい。
2/9の締めくくりに相応しい、催し(?)となりました。
が、まだまだこの日は色々あったのです。

みるめカフェに到着後の会話などは、tmcさんの徒然松山記にてお楽しみ下さい。
詳細に記されております。
ふうさんとK♪さんとは初対面だし、クロくまさんともジャパンプレミアで
初めてお会いしたのに、いやあ、しゃべれるもんですね。
どこまでも繰り広げられる、L及び松ケントーク。
私、結構人見知りなんですが、なんか信じてもらえないかも・・・。
全然初対面って感じじゃなかったです。
話も尽きぬまま、4時過ぎにカフェを出て、早朝、勢いで始まる
「渋谷、松ケン縁の地めぐり」。
写真集を片手に、「この角度!!!」とか、「ここにLが!!!」とか楽しすぎました。
そうこうするうち、始発の時間になり、名残おしくも再会を誓って、
渋谷駅にて解散となりました。また是非、お会いしたいーーー!!!
それにしても、今回思ったのは、やはり、Lは特別なんだなあ、ということ。
遠征してこられた方が今回、結構いらっしゃったようで、
みんな、やっぱりLは別格なんだな、と。
L~!!!みんなに愛されてるよ~!!!!

一人電車に揺られながら、この濃すぎる24時間の出来事を反芻。
アドレナリン出すぎだ・・・。
地元に着いて、一面雪で白くてびっくりする。新宿も渋谷も雪残って無かったのに!!
ここ、都内だよね!?でも白いとあの人を思い出すわ・・・。と、昨日の興奮からか、
寝てないからなのか、いつもどおりなのか、かなり重症な感じで帰宅。

emさんからWJのDEATH NOTE番外編が凄いとのメールが来てたので、
ヒーターの前でWJをむさぼり読む。すげえ。2/9の締めくくりに相応しい。
何故だか涙が出た。その感動をemさんとtmcさんへメールで送りつけ、
ご飯食べてお風呂入って、9時頃就寝。少々寝足りないながらも、昼過ぎに起きました。

実は恐ろしいことに、L祭り絶賛続行中。次に続きます。







『L change the WorLd』 2/9初日舞台挨拶・奇跡の池袋シネマサンシャイン

池袋シネマサンシャインに到着し、ずっと気になっていた柱のポスターを見て衝撃!!!
白いのが貼ってあったのは以前確認済みだった為、
今回は黒いのも貼ってあるといいなあ~とか思ってたら、
第2弾ポスターまでデカデカとお出迎えしてくれて、まさに至福の空間となっておりました。
ああ、写メっておけばよかった。

15:40の回だったので、急いで昼食をとり、emさんのお友達と劇場前で合流し、劇場へ。
中央通路から入ってくるのかな?とか思ってたら、席近くにロープを発見。
まさか、ここから入ってくるのか?近くね?と判断つきかねてほけーっとしてる私に、
tmcさん、emさんが「そっちから入ってくるって!!そっち座りな!!!」と
扉寄りに座らせてくれました。
プレミアでへたこいた私を思いやって下さる様子に、なんだかそれだけで胸いっぱい。
もう十分幸せ・・・。
ちょっと遅れて席にやって来たemさんのお友達も、私の席を気にして下さり、
もうお三方の優しさに、またまた感動してうるっとくる始末。
なんて善い人たちなんだ!!!
こんな善い方たちに愛されてるんだってことを、松ケンに教えてやりたい・・・。


4回目なのに、相変わらず泣く。
池袋は反応が1番フレッシュで、色んなシーンで笑いが起こってました。
そしていよいよ舞台挨拶。
すぐ近くの扉からの入場に感激する。入ってすぐにサインに応じる松ケン!!!
ああ~~~ステキ過ぎる!!!
今回、1番松ケンが楽しそうにしてたのがこの池袋の舞台挨拶でした。
というのも、松ケンが挨拶後、「今日はこの映画が大好きな、スペシャルゲストが来ています」
と紹介して入ってきたのは、Lと書かれたTシャツ着用の、
中田監督・佐藤P・モジャ氏・フムフム氏・小杉氏。5人ががっちり手を繋いで入場。
Lレンジャーって!!!!!おもしろ過ぎる~!!!!
しかも、tmcさんが、舞台下で撮影してる牛田氏を発見。
チームデス、揃い踏み!!!
小杉氏が、ご自身(?)の携帯で他のメンバーを撮影し始めたところ、
客席から、「あー」(いいなあ)というような声が上がったのですが、
その時松ケンが衝撃発言!!!
「あの、これお客さんも撮影OKですからね」
その瞬間の劇場内のボルテージの上がりようときたら。
私もすごい勢いで携帯取り出しましたが、起動に時間かかってしょうがない!!!
その上、対して画質のいい携帯じゃないので、せっかく撮影OKでも
まともな写真は撮れてませんでしたよ。
松友さんにお会いするし、デジカメ持って行こう!と思って
うっかり忘れた自分にビンタだ!!
でも、後日、Lの公式HPに写真UPされてたので、結局それ見てニヤニヤしました。
丸の内はオーソドックスな舞台挨拶だったのに、何このはじけ様は。
この方たちのサービス精神には感服致しました。

さて、松ケンが退場する際、扉前にて再度握手やサインで立ち止まったのですが、
お三方のお陰で扉寄りに座っていた私から、松ケンが立っている扉前は
結構近かったのです。

その時の私の脳内
→(あれ?なんか立ち止まっている。もしかして行ける?間に合わないか?いや、でも!!
  きえぇぇぇーーーい!!!)
この千載一隅のチャンスを逃してなるものか!!と持って来ていたHを差し出してみたらば、
ケンイチさんが、サラサラとHの表紙の丁度「L」って辺りにサイン下さいました。
よもや、一昨日のジャパンプレミアにて貰い損なったサインを初日に手にすることになるとは。
ケンイチさん、もくもくとサインしていたので、目なんか合いやしませんでしたが、
いいんだ!!!
脳内で「奇跡は起こるよ~何度でも~」と魂のルフランが流れっぱなしでした。
(誰もわかんないよ)
何が嬉しかったかって、我がことの様に、お三方が大喜びして下さったこと。
emさんのお友達とは数回顔を合わせたくらいだったのに、
そんな喜んで下さって、と、そっちで胸いっぱいになりましたよ。


劇場を出て、emさんとemさんのお友達とは別れ、
tmcさんと一緒に、ふうさんにチケットをお渡しする為待ち合わせ。
初対面に緊張しました~。とっても可愛らしくて、ふんわりした雰囲気の方でした。
(そして新宿終了後、じっくりお話したところ、大変面白い方と判明。)
ふうさんとご一緒にいらしたともさんが、先日のジャパンプレミア時に
穴があくほど眺めてしまったBoonをコピーして下さっており、
3人に分配して下さいました!!ありがとうございます♪
とにかく、撮影がOKだったことと、座席がかなりいいポジションである旨を伝え、
健闘を祈り、ふうさんを送り出す。


途中のコンビニでカラーコピーしたり、WJ購入したりして、
池袋駅でともさんと別れ、tmcさんと新宿へ向かいました。




『L change the WorLd』 2/9初日舞台挨拶・丸の内ピカデリー

初日舞台挨拶、怒涛の4回鑑賞をしました。
後にも先にも、こんなことはLだけだろうと思われます。
もんのすんごーーーーく、濃くて、楽しい1日となった、
2/9について、記しておこうと思います。

初日の前夜は、風邪が抜けきっていなかった為、松田スピンオフも見ないで
布団に入りました。

相変わらず、愛情がフライング気味の私は、tmcさんとの待ち合わせ時間より、
少々早めに丸の内ピカデリーへ到着した為、ぼけーとしてたわけです。
その時、目に飛び込んできた、もじゃもじゃ頭!!
モジャ氏はっけーん!!!
平静を装いつつ、内心は
(初日おめでとうございます、とか話しかけてみたりした方がいいだろうか?
 どうするオレ!?いやしかし・・・!!!)
などと、激しく葛藤していたところ、
モジャ氏は、発券機に列を成すお客さん達をしばし観察した後、どこかへ行ってしまいました。
モジャ氏でテンションの上がった私は、即、tmcさんへメール。
その後、tmcさんと劇場へ入る際に、劇場入口に立つモジャ氏を再び発見しました。


映画を見るのは3回目でしたが、3回目が一番泣きました。
ぶっちゃけ、始まる前の「週間少年ジャンプ40周年記念作品」とかのテロップのあたりから、
感極まってウルウルしてました・・・。
スピンオフ決定してからの、この1年くらいの事が走馬灯の様に頭をよぎり、
とうとう、初日・・・!!!とか思ったらもう。(お前は関係者か?という身の入り様だ・・・。)
映画終了後、tmcさんも3回目が一番泣けたと仰ってました。

そして、舞台挨拶の登壇者のコメントにも、いちいち感極まってウルウルする始末。
こんなの初めて・・・。
初回終了後、ナンチャンに続いて登場したおひょいさんに、
「ワタリーーー!!!」と歓声を上げるtmcさんと私。
松ケン登場時にも、松ケンのコメントにも、ぐっときてしょうがなかった・・・。
ああ、この人が、今見たLを大事に大事に演じてたんだなあ、と思ったらもう・・・。

初回上映後と、2回目上映前の記憶が既に混沌としてきておりまして。
以下、印象に残ったこと。


・松ケンの「Lは一生自分の中に残ると思う」「Lから色々与えてもらった」
 「(舞台挨拶10回も)皆さんが喜んで下さるなら全然平気」
 「皆さんの頭の中にLがずっと残れば」 に感動。実際ちょっと泣く。(←

・おひょいさんの「Lがすごいんです。松山君じゃなくて、L。
 松山君がLなのか、Lが松山君なのかわからないくらい」に泣く。
 「自分が演じるところしか読んでないけど(本当だろうか)試写で見て、
  すごくいい作品だった。」おひょいさんにそう言ってもらえて嬉しくて泣く。

・監督の「原作の大場先生と小畑先生に、ここまで自由にやらせて頂けて、
 この場をかりてお礼を言いたい。」に原作から好きだった私は、嬉しくて泣く。

・響志君の「(松ケンが)DVDを見せてくれた。ガンダムは全部持ってるって言ってた」
 これ爆笑。

・ナンチャンの「八百屋のおじさんに掴みかかられた時の『日本人じゃねーか』って台詞が
 アドリブだったんですが、Yes I do!と思わず言いそうになった」に笑った。
 「実は僕、以前からLやってたんですよ。はっぱ隊でこう(腕でLの字を作って)
  Lってしてたんです。歌詞も、『君が変われば世界が変わる』ってまさに
  change the world!!」
 私、あえてはっぱ隊は思い出さないようにしてたのに、この人自分で言っちゃったよと思う。

・工藤さんの「今は静岡に住んでいるんですが、朝家をでる時雪が降っていて。
 東京は降ってなかったのでよかったです」に、朝早くに出てらして、舞台挨拶に
 来てくださったのか、と思い、感動。(どうなんだ自分)

ままゆは可愛いし、工藤さんは美しいし、佐藤さんは可愛いし、高嶋さん爽やかだし。
いい人オーラ出てて、全然的場と雰囲気ちがってて、凄いなあ、と思いました。

いちいち泣き過ぎ。涙腺決壊状態でした。
初回終了後、劇場ロビーにモジャ氏を発見し、思わず話しかけてみました。
しかし私、「モジャさーん、いつも見てます」って、
そこは「田中さーん」と呼びかけるべきだろ、と後で反省。

tmcさんが牛田氏を発見したりと、劇場ロビーはすごいことになってました。
2回目終了後、tmcさん、emさんと池袋へ移動。



『L change the WorLd』 ジャパンプレミア・東京国際フォーラムA

怒涛のL祭りに、さっぱり更新出来てませんでした・・・。
この数日の間に色々あり過ぎた〓■ ●
先ほどスケジュール帳見て、人セクからまだそんな経ってないことを確認し、
愕然としました。
今更な感じですが、奇跡のジャパンプレミアについて記録しておきます。


朝10時にtmcさんと待ち合わせ。
前日まで風邪で寝込んでいた為、行けなかったらどうしようかと思ってましたが、
精神が肉体を凌駕した。(少年漫画でよく見る現象。)
人間ってすごい。

待っている間、ばったりお会いできたともさんが貸して下さった
2001年のBoonでtmcさんと悶死。
実物ってやっぱり破壊力がハンパないということを語りあう2人。

並んでる最中、係りの方がレッドカーペットについて説明するのを聞いて、
ヘタこいた~!!!と歯軋りしましたよ。
the Last nameの時はそんもん無かったじゃねーか!!
早く並び過ぎて映画見難くてたまらんかったのがいまだにトラウマだったのが
敗因でした・・・。
案の定、我々のちょっと(そんなちょっとでもなかったかも・・・。)前で
レッドカーペットは終了。うん、まあしょうがない。

待ってる間、丸の内ピカデリーに初日のチケットを発券しに行ったりしつつ、
整理券の配布される16時まで、結構あっと言う間でした。
前回、寒さにやられたので、今回は防寒対策バッチリだったからか、
それともホールAは壁があったからなのか、あまり寒さも感じませんでした。
(熱でもあったんだろうか・・・。)

開場時間までは、tmcさんとお茶しつつ、渉さん、続いてemさんと合流。
会場内で席に着くと、レッドカーペットが敷かれており、
俄然テンションが上がる4人。
「まさか・・・!!!イヤイヤ、松ケンが通るとは限らんしな。」
と期待と、期待しちゃいかん!という気持ちに振り回されつつ、
松ケン登場ーーー!!!
どこから来るんだ!?と思ったら、舞台左手の扉から登場した為、
あー、やっぱりなあ。と一瞬がっかりしました。
しかし、ケンイチさんは方向転換して、客席に敷かれたレッドカーペットを
握手したりサインしたりしながらも、どんどん近づいて来るじゃないっすか!!!
ぬおおおーーー!!!超かっこいい人がこっちに向かって歩いて来るーーー!!!
なにこの人、すっごいステキなんですけどーーー!!!
すっごい笑顔ーーー!!!
背が高いーーー!!!
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

と、この時点で脳はあまりのケンイ値に破壊されとりました。
通常の判断能力など、ケンイチさんの前ではスポーーーン!!!とどっかへ
飛んで行っちゃうさ。
飛んで行っちゃったが為に、ケンイチさんへ手を延ばすのが精一杯だった。
あの手にぷにっと触ることが出来ました。
がっちり握手とは行きませんでしたが、初タッチ!!!
おかげで、舞台挨拶の内容をほとんど覚えていない上、
映画も冒頭部分は頭に入ってきませんでした。
何故に今回こんなことが!!と思ったら、
「スウィーニー・どっと(←どっとじゃないよ!トッドだよ!と心の中で会場中が突っこんだはず)
 のプレミアでジョニー・デップが、(取材陣の)写真も撮らずに、
 ファンへサインしたり、握手したりしているのを見て、
 今まで自分はお断りすることが多かったけど、こんな簡単なこと、
 どうして出来なかったのかな、と思って。」
というようなことを仰ってて。

ジョニー・デップありがとう!!!
スウィーニー・どっと(←)ありがとう!!!
でもやっぱり、松ケンありがとーーーー!!!!!
松ケンをスウィーニー・どっとのプレミアへ行かせたWBの偉い人にも感謝。

ジョニーに感化され、すぐさまそれを実行に移すところが本当すごいと思った。
松ケンのこういうところが好きなんだよなあ。

判断能力の飛んでった私は、サイン貰うのにチラシ(会場で配布された)を
差し出す余裕も無かったんですが、他の3人はちゃんとサイン貰えてた!!!
凄いよー!!!
自分、要領悪過ぎ・・・。
がっちり握手とサインを夢見て、私も頑張ろう!!と決意したのですが、
再び奇跡は起こるのです。
が、それはまた後日。

グッズ販売にまんまと並んで、色々買い漁り、
電車の時間があったので、渉さんとは駅で別れ、会場で会ったまゆさんと4人で、
ちょっとした聖地になりつつある、紅虎餃子房にて反芻会して帰りました。

グッズに関しては、あの熊(くまで変換すると隈が出る〓■●)が、
Lの声であの台詞を言うなら絶対買うのになあ。
欲しい。なんとか自分で作れないかとすら思ってる始末だ・・・。
DVD出た暁には、チャレンジしてみようか。(止めておけ)

駅でtmcさんと電車を待ってる際、ふと、そういえばヒゲあったっけ?と思い確認してみると、
「嫌、無かったよ。ヒゲ好きだけどやっぱツルリは最高だ」
「ですよね!!!やっぱヒゲなし最高だ」
という結論に落ち着いたのですが、翌朝ズームインみたらもっさりヒゲが!!!
tmcさんに一瞬メール速報しようかとすら思いました。
いかに、生ケンの威力に目をやられていたかを思い知らされ、戦慄した次第で・・・。

映画の感想などはまた後日。







L祭りに瀕死で追いすがる。

世間はL祭一色だというのに、ここ数日風邪で寝込んでます。(現在進行形の恐怖・・。)
具合悪いとPCの前に座っているのすらしんどいもんなんだなあ・・と痛感した次第で。
寝込んでる間に怒涛のごとく溢れ出した、韓国・香港・台湾の動画やら画像やら、
追いかけきれてませんが、これ、健康体でも追っかけるの大変な量ですよね。
松ケン、ままゆ、監督、スタッフの皆様、
大変だったろうなあと思います。


以下、とりあえず、忘れないうちに書いておこうと思ったこと。

★キシリトールのひょっとこバージョンCMが可愛い過ぎた。
そんなにひょっとこが好きなのか?っていうくらいの笑顔にやられた〓■●
これ全国で見れないのはどうかと思うので、LのDVDは10枚組とかにして、
1枚はキシリトールのCMを収めたらいいよ。

★韓国でのオールバック
予想外の髪型!!久々(?)に男らしい松ケンで惚れ直した。
前回「L~!!」と歓声が上がった香港で、
今回は「松ケ~ン!!」って呼ばれてたらしい、と知り、ちょっと胸が熱くなる。
(本人は役名で呼ばれる方が嬉しいそうだが)

★Gyao 
カッコイイ!!!P24のケンイチさんが特に!!!
インタビューまだ読めてないけど、これはもう1冊いっとくべきかケン討中。

★WJ 小畑神の松L!!
そんなものを拝める日がくるとは〓■●
超L~~~~!!!!!タイでカステラ頬張ってたのか・・〓■●
そんな映像も是非特典DVDに納めて欲しいものだ。

★JSQ
表紙の為だけに購入。L・・〓■● これも原作Lより、松Lですよね・・・。
ポスター、表紙のLでよかったのでは・・・?


ここしばらく、購入した雑誌が山積みになってます。
KERAとか、かなり良かった!!!
整理したいものの、果たせずにLの初日を迎えそうな予感・・・。

明日はジャパンプレミアですが、体調が戻るかどうかが微妙なところ。
(更新してないで寝ろ!!って感じですな〓■●)
ああ、Lの公開が嬉しくて、出だしっから飛ばしすぎた・・・。