FC2ブログ
煩悩の国の人間万歳
広大なネットの海の片隅で、俳優・松山ケンイチさんをひっそりと応援するブログです。

プロフィール

とわ

Author:とわ
デスノ前編で松山さんに
出会って以来、
趣味:松山ケンイチさんです。
近頃好き過ぎてかなりイタイことになってきてます。
原作Lと同い年。



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



『実は3本立て。』

中田監督&チームデスのトークショーへ行ったのは前述したとおりですが、
当日朝7時に渋谷へ到着し、チケットを購入出来たのが10時頃。
映画は19:15~の為、それまで一体何をしていたかというと、
ネットカフェのシアタールームで『デスノート前・後編』を観賞してました。

デスノ前後編とLCWの3本立てをそのうち(LCWのDVD発売に合わせてとか)
やっちゃくれないだろうか?と言ってたんですが、
トークショーの時に、自主的に3本立てやっちゃおう、という、
すばらしい計画をtmcさんが発案。


LCWを見てから、金曜ロードショーの時に一度デスノートは見てましたが、
CM入ったり、家族と一緒だったりして、そんなに集中してなかったようで、
泣かなかったんですが、今回後編で大泣き。
「ここらへんで、Lがノートに名前書いたんだ」とか
「この間にあの23日間があったんだ」とか、裏で起きていた色んな事を思ったら、
もう大変でした。
特にワタリが倒れたシーン、LCWで、Lがワタリに布をかける時の表情を思い出して
涙が止まらず・・・。
Lの笑顔のシーンは言うまでもなく、スノーがまた泣ける・・・。

これから本番のLCWだってのに、既に泣きはらした目でCQNへ向かいました。


デスノート観賞後のLCWは、まず、ナオミとレイのシーンで泣く。
二人が、気の毒すぎて。
あと、Lがワタリの執務室で、未解決事件を片付けていくシーン。
今まではLの操る外国語に悶えてましたが、今回はここで号泣・・・。
見終わった後、初回見た時のような充足感があって、
ちょっと、次見るのに間を置きたいと思いました。

が、既に出始めている禁断症状は一体・・・。
ああ、Lに会いたい・・・。
そうでした。「Lは私にとって最も必要なエネルギー源」だった。



スポンサーサイト

『3/22 中田秀夫監督&チームデストークイベント・渋谷アミューズCQN レポ』

Image185.jpg
   
Image186.jpg


相変わらずの記憶力の悪さと、今回、かなり内容量豊富だったので、
いつも以上に、記憶が怪しいです。
話の順番など、前後している可能性有るかと思われます。


舞台向かって、右手後方から、通路を通って入場。
舞台上では、左から、佐藤P、中田監督、モジャ氏、仏陀氏という並び。
牛田氏は、「チームデス、専属カメラマン」と紹介されました。
そして、やはり、客席側からカメラを構えていらしゃいました。男前・・・。
佐藤P:「新宿と内容がかぶらないようにしないとですね。僕らの話は短めにして、
     皆さんからの質問の時間を多く取りたいと思います」と始まりました。


長いので、続きへ隠します。


[続きを読む]

『将校さんに会いに行って来た。』

蜷川実花写真展『蜷川妄想劇場』の為、emさん、tmcさんと共に、
雨の中、渋谷はパルコへと馳せ参じました。

入ってすぐに、写真集が積まれており、さっそくテンション上がり気味の一同。
そこに、雑誌未掲載の写真を発見し、その余りの破壊力に、
パネル見る前に振り切れました。〓■●
こんなものが隠してあったんですか・・・。
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

せっかく大きいのがあるんだからと、ドキドキしながら眺めて行ったその先に、
将校さんはいらっしゃいました。
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

ガン見。写真展だけど、お前、そりゃ見すぎだ!!!ってくらい眺めてました・・・。
もう、私、あそこに延々といられる・・・。

部屋に飾っておきたい。
でもあんな将校さんが部屋にいたら、生活出来ない・・・。
そんな益体もない話をしつつ、目線は写真に釘付けの3人。
近づいて見たり、ちょっと離れて見たりして、どちらにしろ、素晴らしい眺め、
という結論に落ち着く。
最後は、かなり後ろ髪引かれつつ、その場を後にしました。


写真集、もう少し大きいサイズのものを想像してたので、
もうちょっと大きくてもいいのになあ、と思いました。
でも、ニナミカさんの、松ケンへ対するインタビューが大変よかったです。


他の俳優さんの写真について、一切触れてませんが、好きな写真は沢山ありました。
が、とにもかくにも将校さん!!!!!将校さんがステキ過ぎました~~~~!!!!!




『マツウザーさん、降臨!!!!!』

朝から松フリさんのメルマガでぶっ飛び、仕事中も、ニヤニヤが止まらず、大ピンチだった。
誰ですか、これ?クラウザーさん以外の何者でもありませんよ。
そして根岸!!!!可愛いーーーーー!!!!!
「みるめ」 「L」 「クラウザーさん」
別人だ。
全く別人ーーー!!!!
ケンイチ、恐ろしい子・・・・。

今朝は、TVつけてなかった為、芸能ニュースは見逃しましたが、
あちこちで動画を貪り眺めてきました。
ああ~、何気に動いてるとこみると、予想外にクラウザーさん、ステキ。横顔にドキドキした。
むしろ、ギター弾きながらクネる根岸に爆笑!!!!
可愛い~。 予想以上にはまってた。
画像だと、公然猥褻カットが自毛かどうか分からなかったけど、
どこかの記事にカツラって出てたので、ああ~、ヅラだったのか、と。
あの公然猥褻カットで雑誌の撮影とかして欲しかったので残念。
でも、素のケンイチさんが、なにやら大変に可愛かった〓■●
これで、しばらくオヒゲも封印ですね。

それにしても、何でピンマイク手で持ってるんだろう。

そして、DMCでも映りこむ佐藤Pーーーーーー!!!!

やばい、DMC、楽しみにしてると思ってたけど、全然足りてなかったようだ。
超ーーーーー楽しみ!!!!!!



『DMCクランクイン』

昨日、3/8クランクインしたそうで。
公然猥褻カット具合が気になって仕方ない。
ここ最近の松ケンのキラキラ具合は、根岸大丈夫かな?と思わせるほどの威力でしたが、
それも杞憂に終わるんだろうな。

他のキャスト、早く発表してくれないだろうか。
エキストラの方の目撃情報に期待したいものの、ライブシーンなら、
まず、DMCメンバーが誰かなんて、分かんない気がする・・・。




『HAPPY BIRTHDAY!!!』

松山さん、23才のお誕生日おめでとうございます!!!
生まれてきてくれて、ありがとう~!!

昨年は、一人、心の中でおめでとう~!!とお祝いしてました。
まさか1年後にブログで祝辞を述べさせて頂くことになろうとは、
思ってもみなかった。

めでたいので、ケーキを買ってお祝いしようか、
それとも、Lに会いに行こうかなあ・・・。


松ケンは、信ちゃんと、ごはんにでも行くのでしょうか。
チームデスが派手に祝ってくれそうな気もするなあ。


とにもかくにも、怪我も病気もなく、元気でありますように。

23才の松山ケンイチが、これからどんな姿を見せてくれるのか、
見届けたいと思います。



★以下は追記です★
 
やはりチームデスがお祝いしたようですね。
プレゼントがUNOって!どんだけUNO好きなんだ、チームデス!!!
しかも、DMCの撮影スタジオにまでわざわざ行って・・・。すごいなあ。
ケンイチさんのお写真がないのは、もうアレか?
公然猥褻カットだからか?と思ったり。


ケーキ買いました。
5才じゃないですよ。大きいロウソク2本と、小さいの3本です。
店員さんには分かりゃしないと思いつつ、
ロウソク注文する際、なんか大変に恥ずかしかった・・・。


    Image185~05


そして、地元の映画館で一人、L見て来ました。
結構空いてて、ムムム!と思ったんですが、自分の前2列くらい誰もいなくて、
自分が座った列にも、自分以外誰もいない上にど真ん中という、
今までで一番のポジションでした。
ちょうど、私の後ろの列から後方にかけて、お客さんが密集して座っていたようで。
振り向かなければ、ほぼ、貸切な気分。
空いてくるのはいかんと思うんですが、もしや、今後、貸切状態で見られる回とか
ありそうだ!!!と思ったら、なんとか淋しい気分を乗り越えられそうです。
でも、興行収入25億円突破したそうなんで、まだまだですよね!!!
空いてたのは、地元が単にさびれてるだけだと信じてます。←

なんだか今日は、Lが映るたび、ニヤニヤしてるか泣いてるかでした。
好き過ぎてどうしたもんかなあ、と。






『おしゃれイズム』

可愛い。そして、この人面白すぎる。
一緒に見ていた妹が、大爆笑してました。
妹があんな大ウケしてるの、久しぶりに見たんですけど・・・。
さすがです、松山さん。

色々感想はありますが、とりあえず。 →射的は下手だけど、ダーツは得意なんですね。

『愛しさと切なさと心強さと』

タイトルは、『L change the WorLd』の感想を一言でまとめてみた。←


日曜日、通算10回目の『L change the WorLd』を観て来ました。
一週一Lを順調に実行中です。
本当いうと、この日曜は、家で大人しくしていようと思っていたのですが、
翌日は有楽町におりました。ちなみに先週の日曜も有楽町におりました・・・。デジャ・・ブ

発端は前夜の人セク貸切上映会後のtmcさんとの会話。
「みるめはやっぱり可愛いですよね。でも私、なんだかむしょうにLが見たくなりました」
「うん!L見たくなった!これ、明日見に行っちゃうよね」
「行っちゃいますね」
「じゃあ一緒に行っちゃう?」
といった流れで。
そんな会話を繰り広げつつ、渋谷交差点に止まっていた、
ピンクの車体のクレープ屋に敏感に反応する二人・・・。

翌日、丸の内プラゼールのチケット窓口にて、席の希望を聞かれてすかさず、
『L列で』
とハモる。念願のL列で観賞。
受付のお姉さんも、一瞬にして我々の重症度を理解したに違いないな。

衣装の展示があったのを思い出して、出掛けに妹にデジカメを借りて来たというのに、
展示終わってました・・・。
あのLの立て看板とか、どこへ連れて行かれてしまったんだろうか。

映画、今回、スタートダッシュが早すぎた。(★以下、ネタバレしてます。)

ここしばらく、割りと冷静に見てたシーンも、今回は泣けて仕方なかったです。
「もうここには戻れないかもしれませんね」で始まり、
タイの村の惨状に悲しくなり、Fの最期と、爆発を見つめるBOYに泣き、
ノートに名前を書くLに泣き、ワタリの「L・・・・」に泣く。
って最初っから泣きっぱなしだ。
『L change the WorLd』は数回に一度、涙のビッグウェーブがやって来るようです。
後半、真希ちゃんが病院で目覚めるシーンも、いつもはLのセリフで
ぶわっとくるんですが、今回、真希ちゃんが目覚めたあたりから、
もうLのセリフに備えて泣いてました。←
自分、どうかしちゃったんだろうか、と思ってたら、どうやら隣のtmcさんも
同じ様にスタートダッシュが早すぎた上に、ビッグウェーブだったそうで、
二人で鼻すすりながら劇場を出ました。

今回注目したシーン↓

・北海道の猛者が、ケンイチさんに質問してくれたおかげで判明した、
 Lが吉沢にぶん投げたものの正体を、
 「おお~!!言われてみれば蝋燭!!」と思いつつ確認。
 本当に、よく聞いてくれたなあ、と大感謝です。

・大学の研究室に行くのに、Lのママチャリの前に乗ったBOYが、
 柿の種の缶を抱っこしてるところを、前回、視界の隅で確認したので、
 今回よくよく見てみました。缶の持ち方が可愛い。
 BOY、そんなに柿の種気に入ったのか!!!

・真希ちゃんの為に、串刺しお菓子を用意するL越しに、台の上の
 ケーキの箱を見て、ああ、松田の差し入れのヤツか?と思ったら、
 スピンオフ松田を思い出して、切なくなった。

・たい焼き食べてる時のLの足の甲の筋の出具合が美しい。毎回ついついチェック。



前夜にみるめを見たのに、みるめを思い出しもしなかった!!全然別人!!
やっぱり松ケンはスゴイ!!
そして、Lはなんでこんなに愛おしいのか!!!
昨夜のみるめ会は本当に楽しかった!!
札幌・旭川のケンイチさんは綺麗過ぎる!!
等、話題は尽きませんでしたが、おしゃれイズムまでには帰ろう!と、
程よい時間に解散しました。

まだまだ見たいと思うのが、自分でもビックリです。




『人のセックスを笑うな』 貸切上映会:シネセゾン渋谷

                      Image184~05


3/1、行ってまいりました!!
まずは、主催者様に、こんな楽しいイベントを企画・運営して下さったことに大感謝です!!
ありがとうございました。
そして大成功、おめでとうございます☆
おかげで、とっても楽しい時間を過ごせました。
それからあの場で、素晴らしい時間を共有できた皆様にも大感謝!!

シネセゾンに着いて、1Fのエレベーターホールに写真の張り紙を発見して
超テンション上がりました。


まずは本編上映前に、メイキング『人の訛りを笑うな』が上映されました。
私、これ初めて見たんですが、ここからもう、ニヤニヤしっぱなしでした。


上映中は、ところどころ、松ケンファンならば反応せずにはいられないシーンで
クスクス笑いがおこったりして、おもしろかったです。
途中ふと我に返り、「この映画館内、みんな松ケンファンなんだよなあ」と思ったら、
なんかもうそれだけで楽しくなっちゃって、大変でした。

(★以下、映画の内容に触れますのでご注意下さい。)

例のみるめが階段下りてくるシーンで、場内の空気が一斉にアレな感じになったりとか、
カレー嫌いってシーンでみんなウヒャヒャ、ってなったりしてました。
あと、堂本にチューされてえんちゃんが照れちゃうシーンで、えんちゃんが可愛くて、
笑いがおこってたのも印象的でした。
ああ~、なんか女子目線!!!って思いました。


とにかく、楽しかったです。
映画を存分に満喫出来ました。
松ケンファンでの貸切なんてことを実行されるなんて、本当にすごい!!
色んな人が繋がって、こうしてスゴイ企画が実行されるのを目の当たりにして、
ちょっと、Lの「一人では世界を変えられない」けどみんなでなら・・・、ってのを思い出して、
上映後、ウルっときました。

主催者様方は、実現までに、相当なご苦労があったことと思います。
みんなの為にご尽力下さって、本当にお疲れ様でした。
そして、本当にありがとうございました!!!






『ゲーム』

2、3日前にようやくひょっとこゲームをクリア。
突破口がひらけるまでに、時間かかり過ぎました・・・。〓■●

DSの「螺旋の罠」、攻略本にあった、「目標残り時間5時間」ってあるステージで、
すでに残り時間2時間切ってることが判明。
今、もういっそのこと最初からやり直そうかな、という気分・・・。〓■●

ゲーム、向いてないようデス。

『チームデス万歳!!!』

LのHPの、L ニュースの2/27分、佐藤Pのコメントにすら涙ぐんでるわいです。

全国の松ケンファンは、きっと、ずっと29日の天気予報が気になって堪らなかったに違いない。
しかし、チームデスはやってくれました!!
よかった~☆
北海道のファンの方達が、松ケンに会えて本当によかった・・・。
そして松ケン達、チームデスも北海道でみんなに会えてよかったね・・・。
チームデスの心意気に痺れました。

そしてこんな人たちが携わったLという映画がますます愛おしくなりました。