FC2ブログ
煩悩の国の人間万歳
広大なネットの海の片隅で、俳優・松山ケンイチさんをひっそりと応援するブログです。

プロフィール

とわ

Author:とわ
デスノ前編で松山さんに
出会って以来、
趣味:松山ケンイチさんです。
近頃好き過ぎてかなりイタイことになってきてます。
原作Lと同い年。



最近の記事



最近のコメント



フリーエリア



フリーエリア



月別アーカイブ



カテゴリー



最近のトラックバック



リンク

このブログをリンクに追加する



ブログ内検索



RSSフィード



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


『全国ド・M・キャンペーン 六本木レポ』

全国ド・M・キャンペーン。
クラウザーさんの子、六本木ヒルズへ行って来ました。

渋谷でtmcさんとemさんとDMC展へ行ってから六本木へ。
劇場ロビーにて、松友さん方にご挨拶し、劇場内に入ると、
壇上には全国ドMツアーマップが!!!!!
クラウザーさんが、日本列島に跨がっていらっしゃる!!〓■●
座席は後方ブロックだったので、ちょっと遠いけど、ほぼ中央。
席について、しばらくして、元さん発見。
つい観察してしまう。相変わらず男前でいらっさった。

壇上におなじみの伊藤さとりさんが登場し、キャストを紹介。
松ケンが壇上に出てきた瞬間、色々吹っ飛んで、自分叫んでたと思う・・・。
その後はひたすら「かっこいい、かっこいい、かっこいい」とうわ言の様に繰り返す始末。
だって、かっこよすぎる。
毛が!!!毛が付いてるとこ初めてみた!!!!!!(エクステと言え)
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

思っていたより、壇上のケンさんの表情も見えて、これがまたキラッキラしている〓■●
マスコミの為にライトガンガン当てられてたせいもあるかもしれんが←


観客の声援で、「おかえり~」「身体休めて~」と続いたところで、
「もう、しゃべってもいいかな?」ってしょっぱなから〓■●
その後、ここが14回目の舞台挨拶で、皆からパワーを貰った、と話してました。
でも、駅のホームで逃走したとか。
温かいご飯食べれなくて、って理由が、さすが松山ケンイチだ・・・。〓■●
しかし、土地勘のないところで心細くって、追っかけてくるの待ってたとか。
両脇を宣伝部に押さえられて、連行されたみたいになってたと聞いて悶える〓■●

公開2日目で、既に映画を何度か見た方?という司会の方。
「3回目の人ー?」
に勢いよく手あげましたが、冷静になって数えたら実際4回目だった←
(731、816の一ツ橋ホール、公開初日)
松ケンを前にして、まともに数など数えられるか!!!

監督と松ケンが、秋山氏、細田君、ローサちゃんの3人に各地でお土産を
買ってきたとのこと。
秋山氏には、ブルマ。ちゃんとおかわりもあった!!!
細田君にはこしあん。ここで腰振ってました。ジャギ様!!!!
ローサちゃんにはひよこ。
ひよこの行方が気になってたまらんのですが・・・。
ローサちゃん、おうちがペット可らしいので、飼う気だったようです。
さとりさんが、「ひよこ」を噛んで「ひろこ」って言っちゃったので、
ローサちゃんが「ひろこって名前にします」と言ってました。

李監督が、このメンバーが揃うのは、今日で最後という発言に場内から
「え~~~~~」と声が上がると
監督:「もっと見たい?」
司会:「松山さんいかがですか?」
松ケン:「この質問困るんですけど・・・。自分の中では、やりきった感があるので・・・。
     完全燃焼しました。」
と、相変わらず正直。そんなところが好きなんだ。
秋山氏に、またやりたいって言っとけ!!と言われても、
「完全燃焼したので」と頑張る松ケン。
次にふられた細田君:「自分は松山さん信者なので、松山さんについて行きます」
すかさず、秋山氏:「僕も松山さん信者なので、ついて行きます」
李監督は、「今度は僕は、観客として見ていたい」とおっしゃってましたが、
ローサちゃんの「李監督でないと、相川さん役は出来ません」発言に、場内、拍手。
「最後にもう一度伺います。」と、聞かれ、再び
「完全燃焼したので」と言いかけるも、秋山氏に
「流れ読めよ、うそでもいいからやるって言っとけ」
と言われて、「またやりたい」と言わされてました。

このあたりで、マスコミの写真撮影の為、キャストのみなさんは、一旦退場。
そこで、司会のさとりさんから、衝撃の発言。
「後ほど、キャストのみなさんには、そちらの通路に・・・」

そ、そちらの通路!?



。・゚・(;゚;ж;゚; )・゚・。




隣の二人と、大パニック。
どうやら、左手の扉から入場して、数列先の通路へとやってくるらしい。

最初にクラウザーさんマスクをしたスタッフさん達が、パネルを持って通路に入場。
扉の隙間から、細田くんや秋山氏がちらちら見える。


次の瞬間、扉から松ケン入場。


〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+



脳細胞死滅。
松ケンのあまりのまばゆさに頭真っ白。
なんか、かっこよすぎて泣きたくなった。

マスコミのカメラ陣が、舞台上からこちらを撮影していた為、
観客がメロイックサインをぶちかましている間は、パネルは掲げられていて、
ケンさんはパネルに隠れて見えないものの、
辛うじて隙間から、スーツの裾と左手が確認出来て、
それだけでもう、もう!!!!!!      死んだ〓■ ●


キャストが「デトロイト・メタル・シティ」と言った後、
観客が「大ヒットーーーーーー!!!!!!」と叫んだのですが、
ま、松ケンの生声があぁぁああああ!!!!!!〓■●



その後、「では最後に松山さんから一言」との司会者の声に、
パネルでなにも見えない、後方ブロックから、
パネル下ろしてーーーーーーー!!!!!!!!という叫びが上がり、
パネルが下ろされ、ケンさんの姿が再び目の前に。〓■●

パネルが下げられて見通しのよくなった後方を、ニコニコ顔で見渡すケンさん。

再起不能。

〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

「あまり夢とかってなかったけれど、今は小さな夢をみつけました。
 皆さんにも夢を見つけて貰えたら」

というような言葉で締めくくってました。


4回目の映画は、冒頭ほとんど頭に入らなかった・・・。
でも、4回目でもおもしろくて、また見たいと思いました。
まだまだ前売ケンもあることだし、次はいつ見に行こうかな~~~~♪♪♪

ここ数日は『サリーマイラブ』と『ラズベリーキッス』を延々と聴いてます。


スポンサーサイト

『続・今さらながら、731 デス・メイク・カーニバル08』


思えば、12、1、2月と、未曾有のケンさん出演作連続公開で幸福過ぎたが為、
余計にそれ以降が長かった…。
そりゃ呼吸も困難気味になるってもんだ。
自分がいたのは、ステージを正面にして左側ブロックの、中央付近。
実は、カムイがクランクアップしていれば、クラウザーさんが来るんでは?
と思いこんでおりました。だってライブ会場だし…。

16:00過ぎ。スクリーンにクラウザーさんが現れて、
お言葉をくれ(何言ってたかまるで覚えていない・・・。)
カウントダウンが始まると、会場は「ゴートゥーDMC!」のかけ声が自然発生。
超テンションあがってました。
後方入口より悲鳴があがった為、ついにケンさん登場か!?と思うものの、
まるで見えず。
しばらくしてeさんが「素顔!!」って言って、そこで初めて、
クラウザーさんではないことを知る。
なんとか人の頭の隙間から伸び上がって覗きみたらば、
スーツで決めたケンさんの姿がーーーーーーーーーー!!!!!!!!
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+
〓■●~~~+。:.゜=□○0゜.:。+

まさしく褐色の恋人!!!!(ス○ャータ)
すんごいキラキラしてました。髪型もすごく好きな感じだ。
不思議なことに、クラウザーさんでなかったことには全然落胆せず。
そこに思い至る余裕などなく、ひらすらにキラキラを振りまきながら、
サインしながらやってくるケンさんを、キリンばりに首をのばし、
つま先立ちしながら見つめておりました。
おかげで、始まる前より、数センチ首が長くなってたハズ。
ケンさん達が入場して、しばらくしてからようやくスクリーンにも
大写しにされたケンさんがいるのを発見。
段々近づいてきた!!と思ったら、私たちの前を通過する直前で、
反対側に行っちゃって、残念無念。
その後、細田君と(←かっこいい)、ローサちゃん(←かわいい。顔が小さすぎる・・・。)
松雪さん(←超美しい)が通過していくのは、辛うじて見れましたが、
監督と秋山さんがいつ通過したのかわからなかった・・・。
(おそらく、ケンさん通過と同時だったせいだと思われる←ケンさんしか見てない為)

登壇者の皆様は、観客に背中を見せて、正面のマスコミの方向を向いて
立ってましたが、何かにつけて振り返ってくれる細田君。
サービス精神旺盛で、いい人だなあ、と思いました。
あと、松雪さんの発言に一番信者一同ヴォーーーーー!!!!!となっとりました。
さすが社長、大人気。

松ケン、猫背気味に座っており、背中が素敵でした・・・。
そして、横向くたびに肩越しから見える横顔の美しいラインときたら・・・。
黄金率隠れてんじゃねえだろうか、とやっぱり思った。

以下、松ケンの話していた主な内容を思い出せる限り。
自分達は正装で来ちゃったんだけど、場違いな感じ。
扉の向こうでDMCコールが聞こえて、ビクビクしながら入ってきた。
ライブシーンのエキストラの反応が、DMC信者そのもので、真剣負だった。
プレッシャーに負けないようにと思ってたら、禁煙してたのにタバコ吸っちゃった。
(続編があるかどうかについて)
見た人が、こんなんじゃ全然腹いっぱいにならねえ、って思ったら、まずは東宝へ
言って下さい。
もし続編をやるなら、またやりたい。
(↑これ、意外な発言だった)

あと、松雪さんが、社長役のオファーが来たときに、キッチンで膝抱えて
考えてたって言ってたあたりで、何か言いたげに、何回かマイクを口に持っていく仕草が
可愛かった・・・。

最後の方で、会場のクラウザーさんコールに、後ろ向いて
「貴様等、地獄で待ってるからな!!!!」
ってのには、参りました。
クラウザーさん降臨されたよ・・・。。゚+(。゚´д`)゚+゚。


後日、恥部ログで、土下座してた回のを読んで、
「クラウザーにならなくて」じゃなくて、「なれなくてごめんなさい」ってあって、
やっぱりあの時はカムイだったからだろうし、だとしたら、
あのデスボイスのセリフは彼の精一杯のありがとうだったんだなあと思った。
だから、すごく嬉しかったし、そういうところがますます好き〓■●


舞台挨拶終了後、会場内に椅子を設置するとのことで、一旦会場の外に移動。
この時には、デスメイクを落としていいと言われていたので、
落とす前に、松友さんたちと終結して、写真撮影することに。
みんな素顔じゃ絶対しないポーズを次々にとる。
撮る写真、全部、悪そうな顔しかしてませんでした・・・。
メイクってすごいな、と痛感。面白いくらい、テンション上がる。
みんなで地獄の人文字を再現したことは、一生忘れません。
M字開脚の完成度の高さといったら。

会場の外で、メイク落としてるところへ、何か見たことある人が登場。
原作者の若杉先生でした。
サインに応じて下さってたようで、即席サイン会みたいになって、
信者に囲まれてました。いい人だ。



メイクを落として、再び会場内へ。
ネタバレしない程度に、映画の感想を。↓



とにかく、すごく楽しめました。
原作の持ち味が、映画になると温くなったら意味無いなあ、と思ってたけど、
そんなこともなく。でも、持ち味を損ねないようにしつつ、映画として、
原作よりも、見やすく作られてるように感じました。
OPがやたらかっこよくてびっくり。

会場中すごく盛り上がって、随所で笑い声が沸いてして、妙な一体感があって
面白かったです。
エンドロールで、DMC信者の皆さんって出たとき、会場から拍手が沸きました。


帰りに、松友さん総勢8人で、チームデストークショーの際に、
チームデスが打ち上げで行ったという、居酒屋北海道で、打ち上げ。
しかも松ケンの話題というよりは、若干ずれたところで、大盛り上がりで、
それがまた、大変楽しかったです。
笑いや怒りのツボが似ている方々で・・・。
こんな楽しくていい人達にめぐり会わせてくれた松ケンに感謝しました。
Fさん、Kさんは遠征大変だったと思いますが、
お会いできて、すごく嬉しかったです。またお会い出来る日を楽しみにしています。


そして、その翌日の夜。
私は、eさんTさんと新宿で待ち合わせて、角川ケンの巨大ポスターに
へばり付いて(←)参りました。
会い過ぎじゃないかジャマイカスルメイカ。





『今さらながら、731 デス・メイク・カーニバル08』

色々あり過ぎて、追いつけてません。
更新は滞っておりますが、相変わらず、松ケン一色な毎日を送っております。
今さらですが、731のデスメイクカーニバル、行って来ました。

素晴らしい詳細なレポを上げてくださってる方もいるし、
ネットやらワイドショーなんかで内容は知れ渡ってる感じなので、
ワタクシが今さらレポというよりは、個人的な思い出を書き連ねようかと思います。

とりあえず、当選しているかどうかもわからない時点で、この日の為に
コンタクトを購入〓■ ● 
デスメイク、される気満々。


当日は、まず渋谷でeさんと待ち合わせ、その後、遠征して来られる松友さんお二人
Fさん、Kさんと、合流。
FさんKさんのお二人とは、LcWの初日以来!!!
若干緊張しつつ、まずは腹ごしらえ。
ドコモケンの看板を眺めながら食事の出来るお店へ。
そこで、その日の我々を祝福するかのような、笑える事件が。
飲み物に添えられたミルクがス○ジャータだったんですが、
これひとつひとつフタに花言葉が書いてあって、
eさんのミルクは花言葉が「幸せを招く」
私のが「煩悩」…。完全に見抜かれてる。
この時点で、今日の座席のくじ引きはeさんが引くべし!!と決定。
その後、Fさんが頼んだ食後のコーヒーについたミルクが「松」!!!!
一同悶える←
Kさんがもしミルクの付く飲み物頼んだら、一体何か付いたんだろうか、
と盛り上がりました。
しかも、これで終わりじゃなかった。
渋谷AXに向かう途中、ス○ジャータのトラックが停まってたので、
お!と車体をみたらば、そこに一言「褐色の恋人ス○ジャータ」の一文。
「か、褐色の恋人って!!カムイーーーー!!!!」と、会場に着く前から
一同異様なテンションに。
なんでもケンさんに繋げて思考してしまうという病にかかっているので
仕方ないとはいえ、こんなにも、楽しませてもらうことになろうとは。
ス○ジャータおそるべし。

会場に近づくにつれて、黒装束の人々がどこからともなく現れ、
一同同じ方角を目指していたので、迷わず会場へ着けました。

会場にて、eさんのお友達と合流。
会場には、既に多数のDMC信者が長蛇の列をなしており、
我々一同は、日陰で列がはけるのをじっと待っておりました。
大分列が短くなってきた頃に、ようやく列へ並び、入口でくじ引きをして、一旦会場内へ。
そこで、自分のメイク番号が呼ばれるまで待機。
待っている間、スクリーンには、『SATSUGAI』や『甘い恋人』のPVが
ずっと流れており、楽しく待ってられました。
『SATSUGAI』がとにかくかっこいい。
クラウザーさんがカリスマダダ漏れさせ過ぎてて〓■●
『甘い恋人』は、あの公然猥褻カットの群れが笑える。
金●ガールズのPVも好き。美波が可愛い!!!!!
ちょっと曲調が、昔一瞬一世を風靡した、シャンプーを彷彿とさせるなあ・・・。
鬼刃のPVも、天気予報とか、爆笑。あのセンスは最高だ。
段々と、場内のデスメイク率が高くなるにしたがって、
素顔の自分が居心地悪くなってくる。

メイクは、クラウザーさん・ジャギ様・カミュから選ぶようになっていて、
私は迷わずクラウザーさんにしてもらいました。
憧れの額に「殺」が現実のものになったときには、感動に打ち震えました←
入場したのが、結構最後の方だったので、メイクしたら即、会場内に移動し、
イベント開始を待ちました。
この辺から、緊張のあまり、口数が少なくなっていたと思います。


長くなりそうなので、次に続きます。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。